2012年01月23日

FXと円高円安

FXと円高円安


FXでは、
日本円をドルに交換することを「ドル買い」「円売り」と言い、
米ドルを日本円に交換することを「円買い」「ドル売り」と言います。


FXでは、
交換するときのレートつまり交換比率は、
その時の世界経済によって一定ではありません。


FXで扱う通貨の交換比率は、
それぞれの国における経済状況や政治状況、
金利や貿易収支、世界情勢など様々な要因によって常に変動しています。


為替レートは、
あくまでも2国間の通貨交換比率を指します。
FXで扱う通貨全てにあてはまるものではありません。


つまり


「円高・ドル安」という場合では、
ドルに比べて円が強い(価値が高い)ということになりますが、
円が全ての国の通貨に対して強いと言うことではありません。


円の価値が上がった、下がった、
あるいは、ドルの価値が下がった、上がったなど、
外国為替は通貨交換をする時点での2国間のレートで判断されます。


円高とか円安というと、
なんだか相対的に円の価値が高かったり、安かったりするようなイメージになりますよね。
あくまで相対的な価値ということだけ覚えておいてください。


posted by 東京都民 at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。